大人の上野クリニックまとめ!

EDに年齢は関係ない!? 過去のセックスの失敗や仕事のストレスが原因でEDになることも! 

日本のED人口は1000万人以上。中高年は生活習慣病に起因する動脈硬化に注意!
現在、日本に1300万人以上の患者がいると言われているED(勃起不全)。年齢別で見てみると、40代男性の20%、50代は40%、60代になると60%がEDであると推測されています。というわけで、年齢が増す毎にEDになりやすくなる、と言えるわけですが、実は、最近では20~30代の若年層のED患者も増えてきているのです!

様々なストレスが若者をEDに陥らせている!?

 
加齢とともにEDになる確率が上がっていくのは、EDには糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病が深く影響するから。これらの生活習慣病は、動脈硬化につながり、動脈硬化などの血管障害で血流が悪くなると、勃起が困難になってしまうのです。また、年齢が上がるにつれて、男性ホルモンの分泌が少なくなることも、高齢者がEDを招く要因になっています。
しかしながら、EDには、生活習慣病に起因する動脈硬化などが原因になる器質性のEDだけでなく、ストレス、不安、うつ病などの心理的な原因によって起こる心因性のEDもあり、ここ数年、心因性のEDになる若者が増えてきており、大きな問題になっています。過去のSEX失敗経験や厳しい躾による女性へのトラウマ、多忙な仕事や人間関係のストレスなどが原因になり、EDに陥る若者が年々、増加しているのです。
というわけで、年齢が若くてもEDに陥る可能性はあり、特に、繊細な心を持つ優しい男性は注意が必要になります。上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、24時間体制で無料の電話相談を受け付けてくれているようなので、もしEDの兆候を感じたら、一度、問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >