大人の上野クリニックまとめ!

性病名鑑① クラミジア

セックス、アナルセックス、オーラルセックス…、あらゆる性行為で感染。確率は低いものの、キスでうつることも!
性病(性感染症)に関する知識を持つことは、実はとても大事。なぜかと言えば、いろいろな性病の原因や症状などを知っていれば、早期発見、早期治療につながるから。というわけで、これから何回か続けて、主な性病の特徴を紹介(解説)させていただきます!

排尿時に尿道がしみるように痛んだり、尿道口から水っぽい白い膿が出る

今回は、クラミジアについて解説させていただきます。クラミジアは、クラミジアトラコマティスという菌に感染することで起こる病気で、その主な症状には、「尿道口から分泌物が出る」「排尿時の痛み」「尿道の不快感」などがあります。また、男性は尿道炎などの症状が出やすいのに対し、女性は症状が出にくいという特徴もあるため、“知らぬ間に誰かにうつしてしまう”という危険性もあります。
クラミジアの症状をもう少し詳しく解説いたしますと、クラミジアは、1~2週間程度の潜伏期間を経て発症し、排尿時に尿道がしみるように痛んだり、かゆみを感じたり、尿道口から水っぽい白い膿が出てくるようになります。また、クラミジアは、感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染するのですが、オーラルセックスで感染した場合は、喉の痛みや腫れ、発熱などの症状が出ることがあります。
というわけで、クラミジアは、あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染するので、残念ながら、「コンドームを装着していれば安心」とはなりません(確率は低いものの、キスで感染することもあるので)。なので、パートナー以外の(素性の分からぬ)相手と性行為をした場合は、クラミジアに感染するリスクが高まるので、大きな注意が必要になります。
ちなみに、何らかの理由でクラミジアに感染し、上野クリニックで治療を受けた場合の料金の目安は、検査費、診察費、薬代が、それぞれ20,000円、2,000円、20,000円であるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >