大人の上野クリニックまとめ!

性病のちょっと怖い話2 「ゴムなし男の時代は終わった。もう、『コンドームは邪道』とは言いません(´_`。)グスン 」

誰にやられたかは分からないけど、完全に性病をうつされた。おしっこをすると痛いし、このまま放っておいたら膿まで出るらしい。正直、後悔しています…。
セックスは、“生”でした方が気持ちいいことは、誰もが知っている。しかしながら、避妊具なしの性交には、妊娠や性病感染という大きなリスクが伴うため、挿入時にはコンドームをするのが当たり前。だけど、快感の誘惑に負けてしまう人も、やはりいて…。

クラミジアは早期治療が非常に大事!

 
「“コンドームは邪道!”をモットーに、10代からずっと生にこだわってきた俺だけど、さすがに今回はまいった。

誰にやられたかよく分かんないけど、完全に性病をうつされた。

おしっこをするときなんかくすぐったい感じがあったんだけど、最近じゃ痛みもけっこう激しい。

ネットで調べたが、おそらくこれはクラミジアだ。このままほっといたら膿とかも出るかもしれない。

病気を治すまでセックスはできないというし、こんなにゴムなしでやってたことを後悔したことはないね。」 (Iさん/30歳/自営業/福岡県)

「コンドームは邪道」と言いたくなるIさんの気持ち、“うんうん。よく分かるよ”と、深く頷く男性も少なくないような気がしますが、それを実践してしまうと、やはり、いつか悲劇が訪れます。Iさんはクラミジアに感染されたようですが、それはある意味、必然。「誰にやられたかよく分かんないけど」と言うくらい多くの女性とゴムなしセックスをしていれば、性病にならない方が不思議。Iさんは、「さすがに今回はまいった」とも言っておられるので、もしかしたら、性病に感染したのは今回が初めてなのかもしれません。もしそうだとしたら、“今回は運が悪かった”ではなく、“今までが、運がよすぎた”と思った方がいいでしょう。
と、少し厳しいことを言わせていただきましたが、それだけ“避妊具をしないでするセックスは危険”ということ。避妊具なしでセックスをしていると、自分が感染するだけでなく、相手の女性を感染させてしまう危険もあるので、責任も重大。なので、やはり、安易な生性交は避けるようにしなければなりません。
とは言え、長い人生の中では、誘惑に負けてしまうこともきっとあることでしょう。そして、性病に感染してしまうことも…。その時は、速やかに病院に行き、診察を受けるようにして下さい。できることなら、セックスをした相手の女性と一緒に!
ちなみに、Iさんが感染されたクラミジアの治療を、上野クリニックで受けた場合の費用の目安は、検査費、診察費、薬代がそれぞれ20,000円、2,000円、20,000円(2週間分)であるようです。上野クリニックのホームページには、「クラミジアは、とにかく早期の治療が大切です。男性は排尿時に異常を感じた場合、すぐに診察を受けることをおすすめします」とも記されているので、やはり、違和感を覚えたら、すぐに病院に行った方がよいようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >