大人の上野クリニックまとめ!

「生涯現役」の備えは包茎治療にあり! 男の色気を失わぬように

40代、50代、60代だって、まだまだ遅くない! 諦めない!!
中年、熟年世代の間で今、男性専門クリニックに通う方が増えている! そう聞くと、“あー、それって、ED治療が目的でしょ”と思われることでしょう。実際、勃起不全は中高年層にとって極めて切実な問題でありますし。しかしながら、最近の傾向は、それだけではないのです。“包茎治療”を希望して、クリニックの門を叩くミドル層、シニア男性が急増中なのです!

枯れたくない男性は下半身のケアも現役!?

──包茎治療が目的で、男性専門クリニックを訪れる中高年の男性が増えてきている、という話を聞きました。それは事実なのでしょうか?
「確かに、当院でも、40代以上の男性からの包茎に関するご相談が明らかに増えています。EDと同時に包茎治療をご希望される方も多いですね。私は20年以上包茎治療に携わってきましたが、かつては包茎治療の専門クリニックというと、患者さんはなんと言っても、若者が多かったんですよ。
『夏休み前に童貞を捨てるんだ』と言って、バイトで貯めたお金を握りしめて来られたりとかね。でも、今はミドル層、もしくはシニア層の男性が本当に増えました」(上野クリニック・堀瀬忠直院長)

──包茎治療を希望する中高年世代が増えてきているという噂は、本当だったんですね。しかし、なぜ、中高年男性が、そういう思いに駆られるのでしょうか?
「そうですね。人によって、いろんな理由があるとは思いますが、ひとつには、50歳、60歳を過ぎても、まだまだ現役でありたいと 願う男性が増えていることがあるのだと思います。男性でも女性でも異性を意識しなくなった途端、一気に 見た目が老け込むと言いますが、それはペニスであっても同じことなのです。女性と一夜を共にすることがあるとすれば、見た目も匂いも、相手にどう思われるか気になりますよね。包茎を治したいという気持ちは、ある意味、まだ枯れていない証拠なんですよ」(堀瀬院長)

シニアのED治療にも包茎治療はプラス

──中高年男性の包茎治療は、まだ枯れていない証拠だったんですね。
「はい。ペニスの皮が余っている状態でのセックスは、亀頭の摩擦を邪魔するため、得られる快感が半減してしまいます。それと同時に、海綿体の働きにもマイナスに作用するため、勃起力が低下してしまう恐れがあるんですね。ですから、真性の方はもちろんですが、仮性包茎の方にも、ED治療の一環として、包皮カットをお勧めしています」(堀瀬院長)
──なるほど。余分な包皮をカットすることによって、亀頭の感度と勃起力を向上させることができるわけですね。やはり、包茎のままだとデメリットが多いんですね。
「そうですね。デメリットと言えば、こんなこともあるんですよ。年を取ってくると、セックス以外にも異性にペニスを見られたり、触られたりする機会が出てくることに気が付くものなんです。 両親の介護という問題が必ず浮上してきますから。で、入浴や排泄などの介助を受ける親の姿を見て、思うものなんですよ。いずれは自分も…、と。そうなりますと、今のうちからできることはしておこうと考えることになって、包茎治療も…、となる方が多いんです。やはり、自分が介助を受ける時に、恥ずかしいですからね。包茎ですと。しかも、それは医学的にも理に適ったことなんです。成人病の代表格である糖尿病になると、ちょっとした傷でも膿みやすくなるんですが、その時に包茎ですと、包皮炎のリスクが生じますから」(堀瀬院長)


上野クリニック院長 堀瀬忠直

postimg01

山梨大学医学部卒業。

平成9年に上野クリニック院長に就任して以来、20年近く男性特有の悩みに向き合い続けてきた「ペニスのスペシャリスト」。

包茎手術の第一人者で、自然でキレイな仕上がりを実現する熟練の腕を求めて、県外から治療に訪れる患者も後をたたない。

技術が確かなのはもちろん、アフターケアやSTD診断にも定評がある。


包茎はもちろん、下半身のお悩みなら何でもご相談ください!

24時間受付中のフリーダイヤルにお電話いただくか、公式HPにアクセスしてください。

上野、新宿など、上野クリニックは全国に15院!

上野クリニック http://www.ueno.co.jp

tennai

※通常、包茎手術からの回復期間には3~4週間が必要となります。 性病や勃起不全など、下半身のトラブル&コンプレックスをまとめて解決しませんか?

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >