大人の上野クリニックまとめ!

包茎トピックス③ 「包茎は早漏!」の真実

普段は包皮に覆われている亀頭が勃起した時にだけ外に出ると、刺激に耐えられなくて早漏に!?
包茎は見栄えが悪いし、亀頭が包皮に覆われているため、不衛生になりやすい。悪臭を放ちやすいというデメリットもある。その上、早漏になってしまう、という問題もあったとしたら…。

仮性包茎が早漏になりやすのは事実!?

「包茎は早漏!」とよく言われたりしますが、それは、包茎のタイプによって違いますし、当然ながら個人差もあります。仮性包茎は、普段は包皮に覆われている分、亀頭が敏感になるため、確かに早漏になりやすいと言えるのですが、真性包茎は、そうとは限りません。真性包茎は、平常時だけでなく勃起しても、常に亀頭がガッツリと包皮に包まれているため、亀頭が強い刺激を受けることがなく、早漏にもなりにくいからです。しかしながら、真性包茎には、「常に亀頭を覆っている包皮が邪魔をして、射精しても子宮に十分な量の精子が届かず、不妊の原因になる」という、早漏よりも、もっと大きくて深刻な問題があるので、全く安心はできません。
というわけで、包茎であるからといって、必ず早漏になるわけではありませんが(仮性包茎であった場合も、普段もマメに包皮を剝くようにして、外部からの刺激に亀頭を慣れさせることによって、早漏を解消することが可能ですし)、包茎には他にもいろいろな問題があるので(亀頭の発育が遅れて先細りになりやすかったり、真性包茎の場合は、極度の不衛生により陰茎癌を招く可能性まであったり)、早めに治療(手術)を受けることもやはり、一つの選択肢となります。なので、もし何か心配があるのなら、まずは専門医院で相談をしてみるといいかもしれません。ちなみに、上野クリニックでは、実際に治療を行う前に、無料で相談を受け付けているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >