大人の上野クリニックまとめ!

真性包茎の原因

ズル剥けになるかどうかは、包皮の長さで決まる!?
真性包茎は、男性全体の1~2%と言われています。その原因は…

包皮が長い場合は、病院で切除してもらうことが必要!?

 
割礼などの風習がある国を除けば、包茎であることは、極めて普通。日本では、全男性の約7割が包茎だと言われています。しかしながら、そのほとんどすべてが仮性包茎で、真性包茎は、男性全体の1~2%しかいない、とも言われているので、真性包茎は、ノーマル(普通)ではなく、スペシャル(特別)な存在であると言っていいのかもしれません。

というわけで、男性が真性包茎になる確率は、かなり低いのですが、真性包茎になるかどうかは、包皮の長さによって決まるようです。包皮が短ければ、思春期にペニス全体が成長することによって、亀頭が包皮口を広げて、外に顔を出すことができるのですが、包皮が長い場合は、亀頭の力だけでは包皮口を広げて顔を出すことができず、皮を被ったままになってしまうようです(その中間が仮性包茎)。

そんなわけで、包皮が長い場合は、病院に行って切除してもらう必要が出てきます。真性包茎は、日常生活に支障をきたすことがあるので(保険が利くのはそのため)、早めの治療が必要であるからです。

ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安なや確かめたいことがあったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >